三大疾病

私の知り合いで、急性心筋梗塞で約2か月入院したお店の店主がいます。
悩んだ結果、入院期間はお店を従業員に任せる事にしました。
入院中は顧客は激減、退院後もすぐ前の売り上げに戻らず、結局入院前の
売り上げに戻るまで、退院後3か月かかりました。入院から5か月間大幅な
売り上げ減になった事になります。

当たり前ですが、店主は店の顔です!どのような理由であれ店主がいなくなった時点で
売り上げが激減するのは至極当然の事なのです。

さて、質問です。2か月程度で退院出来る三大疾病で入院した時、
お店を閉めますか?それとも続けますか?

もし、お店を閉めるのであれば、その後は個々の事なのでいいのですが
続けるとするならば、激減する売り上げの中から、従業員の給料、ご自分の生活費
家賃があれば家賃、借入金があればその返済、諸経費等頭がクラクラしてきます。

そこで、リスク回避方法ですが、

  1. 預金がそれくらいの備えはあるので、そもそもリスクではない。
  2. 普段からリスクに備え預金する。
  3. リスクヘッジとして三大疾病の保険に入る。

当社は法人・個人事業主のコストカット、リスク回避を重点に提案している代理店です。
えっ!?三大疾病保険は加入しているよ!というアナタ。
実は、三大疾病保険には重大な落とし穴があるのは知っていましたか?
そして、今回ご提案する、三大疾病保険は重大な落とし穴を極力回避する内容に
なっているのです!

入院後もお店は継続するよ…でもその資金が十分ではなく、保険で賄えるのならと
お考えであれば、今スグお電話、メール、FAXでご連絡下さい!
尚、お見積りをしたからといって、突然の訪問や電話での勧誘は致しません。

お問合せ電話番号 0172-26-1144

お問合せFAX  0172-26-1145(24時間受付)

お問合せEメール info@hokennotubo.com

更新日:

Copyright© ほけんのツボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.